FC2ブログ

糖鎖の認知度が少し上がってきた、けれど……。

2015年6月18日 Fine-cell BLOG お医者さんがあまり関心無いのは何故?

「糖鎖」って何?から少し知られる存在になったけれど、

今日はそろそろ伝えたいと思っている事の一部を伝えたいと思う。それは、「糖鎖」のこと。

たった20年くらい前にお医者さんなら知っている、生化学のバイブル「ハーパー・生化学」

という教科書のような本に1996年版に初めて掲載されたようです。1996年と言えば僕は、

スポンサーサイト



念願のイベントを開催! 65歳からの健康を考える会

2015年 4月29日(祝) Fine-cell BLOG 市民公開講座「健康を考える会」を開催
「第2回 65歳からの健康を考える会」に聴講者、全国から集う。


暫く健康日和BLOGもご無沙汰しておりました。私たちの念願のイベントの準備で多忙のため、

ついつい休んでしまいました。が、しかし先日、2015年4月29日(祝)昭和の日にようやく、

NPO法人 補完代替医療推進センター主催、毎日新聞大阪開発後援で 毎日健康サロン

市民公開講座が開催され、200人の定員数十人を超す人気の会となりました。

20150429-65才からの健康を考える会イベント広告3

65才という年齢は現在ではまだまだ若い。然るに企業を定年になって、何もせず一日中

家に閉じこもっている人が多いらしい。昨日まで忙しく仕事に忙殺されて大変だったけれど、

生き生きと会社に通っていた人たちが何もせずに家に隠っていると一気に老けてしまう危険

がある。また、家人からすると大変な仕事がもう一つ増えてしまったような状況にストレスがたまり、

本人の思うようなゆっくりした日々を過ごせるはずもありません。

人の考えは十人十色ですが、老後(本当は熟年)をどのように過ごすにしても、

健康でなければ何も始まらない。皆さんが元気で自立した高齢者になってゆけるよう、65才に

ならずとも第2の社会生活を今から想像しながら自分の体と相談しながら実現できるよう、

体作りを一緒に考え知識を学んで帰っていただきたいと言う思いで当セミナーは、開催されました。

2015年04月30日65才からの健康を考える会

今回来場の方々は、すでに退職し、なにがしかの方向を持って今を活動しておられる方々が多い

のですが、興味はいかに現時点での健康を維持できるかを模索されている方々が大半でした。

そして、内容がかなり学術的な話にも関わらず講演者の話を興味を持って熱心に聴かれていました。

20150429 神戸大学 水野博士2
神戸大学大学院 水野雅史 教授

20150429 LPS 開発者 香川大学薬学博士 稲川教授
香川大学薬学博士 稲川裕之准教授

20150429 若手 統合医療推進者 森嶌医師
ラ・ヴィータメディカルクリニック 森嶌淳友院長

人間の生命力の源である細胞の正常なターンオーバーが健康をもたらしてくれると言う神戸

大学の水野先生の「糖鎖」とは何か?というお話はとても難しいにも関わらず、皆さんかなり

衝撃をもって聞かれていました。まさに健康な体と細胞「糖鎖」の関係を新しい価値観に

出会ったかのように興味を持った皆さんは凄い勢いで吸収されて、セミナー休憩時間には

先生方の周りには質問攻めの方達でいっぱいになっていました。ちなみにお二人目は

マクロファージ活性物質LPS(パントエア酸)を研究開発された香川大学の稲川教授、続いて

実際の医療活動に細胞「糖鎖」の理解と自然治癒力を取り入れ、統合医療を目指して活動中

の若手医師 森嶋先生が実際のクリニックの活動の紹介とこれからの医療のあるべき姿を熱く

語っていただきました。

0429 松井幹事長 と山本さん
松井幹事長とNPO法人補完代替医療推進センター理事長 山本英夫氏


20150429 大阪府知事 大阪維新 幹事長 松井さん2
大阪維新の会 幹事長 松井一郎氏

続いて、NPO法人の理事長であり「糖鎖栄養素」を商品化した山本さんが日本の補完代替医療の

10年とこれからについて話をされたところに、大阪府知事であり大阪維新の会 幹事長の松井一郎氏

が登場されました。「65歳からの健康を考える会」には大変共鳴していただいており、以前から健康で

自立した高齢者を大阪で増やしていく事は、若者達の新しいチャンスを作れる良い方法の一つである

と経済的な面からも賛同していただいており、元気なお年寄りを育てる事は、医療費や介護費用の

削減に繋がる策として政治家としての視点から補完代替医療を通じた高齢者の健康生活を模索されて

いるそうです。私たちの小さな活動が地域社会の新しい可能性ある取り組みに小さなヒントを提供できる

事が出来たならば、本望であり、さらにやる気がわくとメンバーの声はあながち嘘ではないなと私も

実感した一日でした。

以下は資料です。


平成26年、65歳以上は最高の3,296万人。 推計、総人口の26%

総務省が発表した人口推計(総人口1億2729万8000人)によると、平成26年の65歳以上の

高齢者は前年に比べ111万人増の3296万人だった。総人口に占める割合は0・9ポイント増の

25・9%で、ほぼ4人に1人の計算。人数、割合とも過去最高を更新した。第1次ベビーブームの

最終世代である昭和24年生まれの人が65歳に達したのが要因。75歳以上は12・5%の

1590万人で、8人に1人の割合となった。推計は22年の国勢調査を基に、その後の出生や

死亡数を今月15日時点で反映させた。65歳以上の男性は1421万人で男性人口の23・0%、

女性は1875万人で女性人口の28・7%を占めた。年々この比率は上昇し、2025年には

全人口に占める65才以上の比率は30%になるのではと言われています。

日本の高齢者人口比率

日本の高齢者人口比率


平成26年度一般会計予算の概要と社会保障関連費用の突出した比率。
若者世代にもっと豊かさを。


平成26年度一般会計予算は約95.9兆円ですが、このうち歳出についてみると、国債の元利払いに

充てられる費用(国債費)と地方交付税交付金と社会保障関係費で、歳出全体の7割超を占めて

います。一方、歳入のうち税収は約50兆円であり、一般会計予算における歳入のうち、税収で

まかなわれているのは約5割であり、4割強は将来世代の負担となる借金(公債金収入)に

依存しています。31兆円の社会保障費のうち医療関連費用の1兆円でも若い子育て世代に振り

向けられたなら、もっと安心して沢山子供を生み育てる事が出来るのではないでしょうか?

平成26年度一般会計予算

平成26年度一般会計予算










懐かしいい一昔前の日本の風景があった

2015.3.5 Fine-cell BLOG 京丹後への小旅行?

たまには自然の近くでリフレッシュ!

今日は大阪から約2時間をドライブして自然の残る京都府の日本海側

にある京丹後市に行ってきました。

舞鶴自動車道1


阪神高速から近畿自動車道、山陽自動車道を乗り継いで若狭舞鶴自動車道を

そしてさらにまだ完全には整備が終わっていない京都縦貫道路(綾部宮津道路)を

通って峰山町に仕事で打ち合わせに行ってきました。健康Fine-cellの管理人でも

あるのですが時にはデザイナー&ディレクターとして健康デザインだけでなく

企業のデザイン診断にも伺う事があるのですよ。

曇り時々晴れ、所々小雨という天候でしたがあまりの車の

少なさについついスピードも上がり、2時間半から3時間かかる距離を

2時間足らずで着いてしまい予定の時間まで2時間くらい余裕ができたのです。

これ幸いに、すこ〜し羽を伸ばしてきたのでご報告を。

野田川付近の民家と味のある石灯籠

宮津市のインターチェンジを降りるとすぐ見えた穏やかな田舎の

風景です。とても表情の豊かな石灯籠がいい。またこの地方はあまり

豪雪ではないけど雪は積もるらしく何層も積まれた屋根が競りたっていない

のに雪の重みを分散するのには良いのかもしれない。

また、昔であれば茅葺きであったろうと推測できる

奥の大きな屋根も、この風景に欠かせない。きっとこのお宅は

古くは地主さんであったかも知れないと想像は膨らむ。

野田川から西に向かうと、与謝野町のちりめん街道(丹後ちりめん)があるのだが

今日は残念ながらパスして北上。また東に向かいすぐの海沿いを北に走ると

是非に行ってみたい伊根町も今日はお預けです。

次回は是非訪れたい伊根町の舟屋
夏の頃の伊根町 舟屋のある風景です


氣を取り直して京都丹後鉄道を横に、ルート312号を北に行くとおよそ25分くらいで峰山町に到着。

遠くに望む山々はまだ冠雪を頂いてはいるのですが春の近い事を

感じさせる木々の芽吹きが写真にも写っています。

峰山町の公演から冠雪を頂く山々



打ち合わせの前に昼食をとうどん屋さんに入ったのですが、

なんと言う事でしょう。沢山のお客さんが列をなして待っているのですが、

すべてご高齢の方達。トレイを持って順序よく進んでいらっしゃいます。


日本一長寿の町京丹後市ってどんな所? 

たしか、日本一の男性長寿の木村 次郎右衛門さんが生きた町です。残念ながら、

2014年に116才と言う長寿を全うされてお亡くなりになりましたが、100歳以上の

比率が全国の平均の2.3倍と多くさらに予備軍は全国一多いと言われています。

このご婦人達もその100歳予備軍の方達でしょう。どう見ても80才以上のグループ。

それもあちらこちらの席でもお年寄りのご婦人達のグループなのです。席につき、

すぐ隣の方達に失礼ながらお年を伺うと、中には92歳の方もいらっしゃいました。

ケタケタとよく笑いうどんをすすり、ゆっくりですがガールズトークも弾み、

とてもお元気な様子でした。まさに日本一の高齢者の町です。あまりの感動に

写真を撮るのも忘れてしまいました。


その後の打ち合わせはビッチリと夜の6時過ぎまで、充実の打ち合わせでした。

お客さんの会社を出て帰路につく頃、高速道路に入ると灯りというものが

ありません。走っている車も少なく、山々を走り漆黒の闇の中を一条のライトの光だけが

どこまでも届くようで、まるで宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を思い浮かべててしまいました。

約1時間の闇夜の旅は心のリフレッシュに繋がりました。



表現のかたち

平成27年2月14日 Fine-cell BLOG

自由で縛りのない表現の形、価値観の多様性を楽しめる人々。

今日は世間で言うところのバレンタインデーだ。

年とともにチョコレートの数は減少してゆく。これが現実だと思う部分もあり、

チョコレートケーキをいただき、またわずかのGIRIチョコでも、世間とのズレを

意識しなくても良いことに安堵する。みんなありがとう。

むっちりビターな大人?のチョコケーキ
むっちりビッターな大人?味のチョコレートミルフィーユケーキ


しかし、さまざまな催事(イベント)がその元々の意味や形を変えてどんどんと

新しい意味づけや習慣をあたかも数百年の伝統のごとく正当を主張しているが、

起源と言われているキリスト教でもこのような習慣はないという。

このような催事の発生の基となったヨーロッパでも諸説はあるが本家のイタリアや

フランス、イギリスなどでもまたアメリカでも聖バレンタインデイとして、恋人や家族、

親しい友人に日頃の感謝のメッセージ付きカードやプレゼントを贈る事もあるようだが、

日本のように女性から告白のチョコレートを贈るなどの表現習慣はもともと無い。

最近増えている南アジアからの旅行者にマイクをむけるとはずかしそうに、

「女性から男性に愛を告白するものではない。」と日本のバレンタインデイの習慣に驚いていた。

日本でも海外からこのような文化がもたらされたころ、最初は知らしめる目的で

1930年代、神戸のモロゾフがどうやらチョコ販売の宣伝文句に

「親しい人にチョコをおくりませう。」と使ったらしいが、そのころはあまり普及しなかった。

それが1970年代の大阪万博以降、経済発展に伴って状況は変わったようです。

メリーチョコ、森永などチョコレートメーカーや百貨店など商業主義の販促の一環として

1970年頃から一般に流行が広まったらしい。


何にでも楽しい事を見つけ、ルールを加えて本気になれることが「文化」だ!


2月3日の節分の恵方巻きにしても同様に関西の海苔メーカーの販売促進の一環で

習慣にまでなってしまったようだ。そのせいか関西以西のローカルルールとも言われている。

ちなみに無病息災を願う豆まき、「鬼は外、福は内」は神事の際の祭り事として全国で

伝統的に数百年受け継がれている。

話を元に戻すと、聖バレンタインの祭りなのにキリスト教徒の多い國でもそれほど盛り

上がっている訳でもなく、祝ったとしてもひっそりと、日頃の感謝を伝えたりする日であり

前述の旅行者の言葉のように女性から愛の告白をするような事はないようだ。

日本人は催事、お祭りが好きなのか、世界のさまざまな国の祭りをも取り入れ消化して

自分たちのオリジナルに作り替える能力を持っているのではないだろうか。

年末のクリスマスやその前のハロウインなど世界中のその催事の本場の人たちから

うらやましがられる程ファンタスティックな表現に形づくられているのです。

どんな小さな事にも喜びを見つけてしまう日本人のセンス、それは世界の感嘆でもあり、

「ぽかーん」とあっけにとられるような価値観を生み出せる資質を持っている。

平和人の素質を持つ民族の誇れるDNAではないかと思う。以下は私の身近で

発見の偶然アートを紹介します。

あなたならどう評価してくれますか?100点満点で何点?


食事の跡アート2

1,愛猫ミュー太くんの食事跡偶然アート 上 [LOVEハート] 2. 下[わたしの笑顔]

食事の跡アート1


ミュー太くん
食事の跡の偶然アート作者  モンプチ大好き ミュー太くん(15才)




テーブル上の偶然
3. 緑のテーブルの横に赤いテーブルをくっつけた時乗っていた黒いペーパーの皿達の競演



人と自然のコラボな形 自然度80%
4. 農的暮らしをしながら、都会農園を借り、日常野菜を自家農園にて有機栽培している知人の畑で
   採れた一つ一つがあまり奇麗ではない個性ある形の野菜の味こそ最高だ。。


「どんな物にも良さを見いだせれば、全ては受け入れられる?」


花園大学の学長であり、また高名な禅の師であった 故 山田無文老師にいただいた

一幅の掛け軸にようやくその深い言葉の意味と自然で迷いの無い運びに気づかされました。

禅のことばにもある「無嫌底法」という漢文の意味。とてもすばらしい言葉

ですが、なかなかこの心境になるには私には、俗が過ぎていて難しい。

我が身に降り掛かってくるさまざまな事象にいちいち対処していたら

たまったもんじゃない。全部受け入れてしまえば何も悩む必要は

ありませんよ。受け入れてしまえば、そこから良い事、良い部分が

見えてきます。と言う事なのですが、修行が必要なようです。 kirifuji


出会った全てに良い点を見いだせる力
「無嫌底法」、禅の教えにも、その時代時代の新しい解釈があって良いのだろうか。

日本という国のこと

日本と言う国が建国でき、2000年以上も日本である事の驚異を知るべき。

2月11日(祝)です。建国記念の日と言っても、今の若い人にも

よく分からないと思います。学校での歴史の時間をはるか遠い

西洋文明の事を学びながら、日本の国家の成り立ちについて多くを

学んで来なかったのだから。君たちが悪い訳じゃない。

だけど若い人がみんな知らないのかというとそうでもない。

神武天皇
八咫烏に導かれる日本國の開祖と言われている神武天皇


戦後の教育を何故かおかしいなと思っていた少数の人たちによって、

現在嘘で塗り替えられてきた歴史教育の根本的な見直しが左に

傾いたマスコミの真実の露呈から、左にも、右にも寄らなかった

中道をゆく人々の正論から大きく変わり始めようとしている。

その流れで言えば日本は万世一系の天皇を頂く千数百年の世界でも類を

見ない唯一の長い歴史を持つ国家なのです。神話のような話では

ありますが、日本書紀に依ると初代の天皇神武天皇が即位した日、

西暦で紀元前660年2月11日(旧暦の1月1日)を国の起原としています。

これは明治政府に依って定められました。いろいろと説はありますが、

律令国家としての形をなしたのは、聖徳太子の17条憲法発布されたのが

ユリウス暦607年と言われています。2位の現デンマーク王国の成立は

西暦936です。仮に聖徳太子の実在性を60%、天智天皇の実在性を

80%くらいだとしても、桓武天皇はほぼ100%確実に存在したと思われます。

その桓武天皇(在位西暦737~806)の時点で、8世紀です。また、エチオピア王国も

日本以上に古い王国だったのですが、革命によってエチオピア共和国という

新しい国になり、王国はすでにありません。やはり世界で一番古く

一系の天皇を長とする最古の國であることは間違いの無い事実です。


聖徳太子2
四天王寺さん 聖徳太子画


法隆寺の秘蔵 聖徳太子座像は絵のような柔らかで

東洋的な顔立ちではなく彫りの深い浅黒い?と言われているのですが

実際は聖徳太子がどんな人物であったかは解明されていおらず

ある時期に描かれた紙幣にもなったあの太子のイメージで

日本人は思い込んでいるのだが、日本書紀を正史とすると

その時代に正倉院や大阪四天王寺が建立され

年代測定でも紀元500〜600年であることは科学的に証明されています。


法隆寺 五重塔
法隆寺 五重塔

御物の倉 正倉院
世界最古の木造建築物 世界遺産の正倉院

現代と古代の競演する四天王寺
現代と古代が競演する四天王寺さん(聖徳太子が造営したと言われている)


日本書紀や古事記もいまや本当の事を書いてあるか諸説はあるのですが、

何処の国も歴史書には?はつきものなので、これを信じるとして進めます。

また、私が住む大阪の平野区にある瓜破天神社は孝徳天皇の大化年中

(六四五-六四九)の時代、高句麗からきた偉いお坊さん高僧船氏道昭が

五月晦日、三密の教法観念の折、庵室に光る天神の尊像が現れたので、

西瓜を割って霊前に供えた。道昭が朝廷に上申したところ方八丁の宮地を賜ひ、

天皇から広大な地を与えられ神社や寺を開いた。と説明にあります。

2015-02-13 瓜破天神社鳥居4

2015-02-13 瓜破天神社本堂
瓜破天神社の 鳥居と いつも日の丸の国旗が掲揚されている金堂

瓜破天神社の由来
瓜破の地名のもととなった?話が伝わる瓜破天神社


大阪市の北区でも紀元550年頃堀川戎神社が造営されています。その頃に各地で

活発に政や国を治める為のよりどころとしての神社やお寺が建てられている

のです。関西だけでなく日本中の人の生活の周りに古代からの痕跡がある

のですから、1500年くらいは続いているのです。また、聖徳太子の命を受けて、

海のかなた百済の国から三人の工匠が日本に招かれ創業した世界最古の会社、

金剛組(創業西暦578年)という寺社仏閣の建築集団は、四天王寺を造営した

のですから、現在も続いている世界一歴史のある会社です。

世界に誇れる存在です。



ユーラシアの東の果て
古代日本は世界中から集まってきた人種のルツボであった


ですから、まだ国家として、中央集権には至っていないけれども地球のさまざまな

地域から多くの民族が東へ東てと流れてきた最終地が日本列島であるとしたら、もともと

日本列島に住んでいた縄文古墳時代人。現在も発掘が続けられている東日本王国などの

弥生人たち、三国志時代秦の登場で滅んだ魏・呉・蜀の渡来人達、ペルシャやユダヤ民族や

シュメール人や古代ローマ帝国などから多くの選りすぐりの知恵と文明を運んできた民族達の

権力闘争が繰り広げられ融合し、入り交じり現在の日本人ができていったのではないかと思います。

その沢山の民族の中でも、男子一系の血筋を繋いできたとされている現在の天皇家が

勢力を広げ、その時代の中心となり国をまとめる中心にいて、いつの時代も象徴と

して2675年(皇紀2675年。日本列島のこの地では1500年も)続いている国としてギネスでも

認めざるをえないのです。ですから建国の日まではわかりませんが1500年以上の

歴史のある唯一の国家である事を少なくとも国民のみんながこの日にあらためて

認識し思いを馳せもっと歴史の真実に迫るよう興味を持ってくれる事が日本を

そして日本人自らを勇気づけるきっかけになると信じています。

日の出の伊勢神宮鳥居
現代皇室の三種の神器の一つ鏡(八咫鏡)が納められている伊勢神宮


日本国の国旗「日の丸」の意味には長い歴史がある


ちなみに、日本の国旗が何故、日の丸(=太陽)になったかを考える時、

地理的 環境の影響が大きく関係していると思われます。世界では月や星を

国旗に採用している国は多い(53カ国)のですが、太陽を国旗に採用している国は

多くはありません(13カ国)。唯一フィリッピンが星と太陽を採用しているくらいです。

日本は古くから日本人は「おてんとう様」を拝んでいました。

日本の季節には3~4カ月の長い冬があり冬の太陽は低く輝く力も弱い。

冬の間、人々は首を長くして春を待つ。春がくれば雪解け水を利用し、

田植えを始める。そして太陽がさんさんと輝く夏に稲を成長させ、秋の台風が

襲ってくる前に収穫しなければならない。農耕民族としては忙しいのだ。

半年間という限られた中で一年分の食糧を蓄積する必要があったから。

日本人は勤勉にならざるを得なかった。・・・陽が昇ると働き、日没とともに

家に帰り夜の闇の中で眠って疲れを癒す。そして一年の節目ごとに日の出に

向かって手を合わせ感謝する。日本の環境が太陽崇拝の思想を生んだのです。

1995年軒先の国旗
見られなくなった各家庭での祝日の国旗掲揚


最近では祝日になっても家々の軒先に国旗が揚げられる風景が

見られなくなりました。何故なのでしょう。国際的なスポーツ競技の場面、

オリンピック等ではあれだけ応援の日の丸の小旗が振られているのに。


国旗を背に

日の丸を背に 内村
日の丸国旗を背に優勝を喜ぶ 吉田沙保里さん  内村航平さん


自分も含めて考えなくてはいけない。是非はともかく、最近のテロ国家?

イスラム国は、何故彼らは国と言いたいのか。そしてアッラーは邪悪では

ないのに、真っ黒な暗黒の闇(ブラックホール)のような旗を象徴として掲げ

るのか。何故我々日本人がこの地、日本列島に2600年もの間1つの国家を

守って来れたのか。またイスラム国?とは対局にあり、世界各地でうごめいて

、国民を地球市民と言いたがり、グローバリストを名乗り、地域や地形・地理上の

個性をも無視し、国家と民族と深い文化の関わりを熟考だにせず、

国境の無い画一的無個性で、頭で考えない地球市民を是とする一派と呼応している

経済至上主義のシティやウォール街に代表される一部の権力者を崇拝して

いる闇の世界の抗日日本人に対しては毅然とし、さらりと対応していかなければ

国家の安泰、強いては国民の平穏はやって来ない事を知らなければならない。

                                        kirifuji



Pagination

Utility

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

kirifuji

Author:kirifuji
Fine-cellのKiriです。
日々健康日和を願いつつ
あれやこれやの社会問題も
混ぜながら独自のソフト思考
で展開してまいります。

リンク